知っておくといい情報!フォークリフトのメリットデメリット


免許が必要なフォークリフト

工場や倉庫で作業したことのある人で、フォークリフトが活躍する姿を見ている人は多いはずです。重い荷物には付きものの重機で、パレットを凄いスピードで運んでいきます。フォークリフトには免許があり、取得することで運転できるようになります。トラックの運転手などは積み下ろしに使うことが多いため、免許を持っている人が多いと言われています。

荷物の積み下ろし作業などの軽作業は、教えればすぐにできる作業なので繁盛期には人が動員されます。しかしフォークリフト運転手となるとそんなにいないため、重宝されます。作業場にフォークリフトがあっても運転手がいなければ動かせないからです。もしフォークリフトも使っている仕事につくならば、あらかじめフォークリフトの免許を取っておくと、待遇がかなり変わるでしょう。

運転手になった時のデメリット

ただしフォークリフトはどうしても危険と隣り合わせです。どちらかというと運転している自分が危険というより、他の人にぶつかったりする危険が多い重機と言えるからです。フォークリフトを使う作業場だと、どうしても大量の重い荷物を運ぶことになります。しかしそれと同時に、大勢の人の行き交う作業場にもなっている場合が多いのです。人と人の間を、車とほぼ同じ危険性を持つ重機で走り回る訳ですから、危険が隣り合わせです。安全第一を考え、慎重に運転する必要があるでしょう。

また、会社に一人の運転手などの場合、休みが上手く取れない可能性があります。フォークリフトがなければどうにもならないという作業も多く、そういった場合に負担が集中してしまうことも知っておいた方が良いでしょう。

フォークリフトの求人で注意が必要なのが、危険な職場もあるという点です。安全に対する備えや事故があったときの補償も含めて働く職場を選びましょう。