工場の仕事とは?気を付けたい選び方と調べ方


軽作業と重作業がある

工場の仕事は軽作業と重作業に大きく分けられます。軽作業はどちらかというと誰でもできる作業なので、アルバイトや派遣などを使って人海戦術で作業をします。重作業になると機械を使うことが多くなり、注意しなければならないのは危険度が増すことです。長年そういった機械を使って作業をしている人は、経験と技術によって事故を防いでるのであって、初心者は細心の注意を払って作業しなければなりません。

当然会社は労災に入っているため、なにかあっても補償してくれますが、体の問題なのでそれを前提にしてはいけません。その工場によりますが、社員には手厚く、パートやアルバイトはやや雑な扱いのところが多いと言われています。特に環境に気を遣わずきつい作業をさせるところは、パートやアルバイトの入れ替わりが激しく気を付けた方がいい工場と言えます。

工場の仕事の選び方と調べ方

逆を言えば社員で働く場合は補償が充実している場合が多いです。そして指示を出す社員をなるべく少人数に抑え、実際に手を動かす作業員の割合を増やします。パート、アルバイトは固定の人もいますが日雇いで動員することもできます。そういった労力を上手く使い、動かしていくのが工場の仕事の一形態と言えます。

どちらで働くかによりますが、仕事を選ぶ時はまず口コミでしょう。知り合いにそこで働いたことのある人がいないか探し、その話が聞ければもうそれで内情は分かります。特に主婦などは自転車で通える近場の工場を探すことが多く、近くのコミュニティに接触できれば有益な情報を得られるでしょう。

埼玉の工場の求人は意外とたくさんあります。車を組み立てる仕事の期間工は高待遇です。寮がしっかりとあるところも狙い目です。