トラック運転手の仕事のメリットとデメリットについて


トラック運転手で仕事をするメリットはこれ!

トラック運転手で仕事をすると、道路にかなり詳しくなります。道路のみならず、地理そのものにも詳しくなれます。知人や友人にドライブルートの相談を受けた場合は、自信を持って答えられるでしょう。またトラック運転手は、覚えた道や運転スキルをそのままノウハウや経験としていかせる点も大きなメリットになります。例えば荷物の扱い方一つとっても知っているといないとでは、転職する際にも大きな影響があります。また会社によっては新しい免許や資格取得を積極的に支援してくれるところもあります。資格の取得や免許の取得により出来る仕事や乗れる車種が増えることで、さらなる高収入が狙えるといった点も、魅力的なメリットと言えます。

トラック運転手が働く運送業界は、通年を通して人出不足が深刻な課題となっています。そのため、最初は普通免許しか持っていなくても、雇用してくれる会社が案外多い点も、求職の際は見逃せない状況です。色々な業界の中でもトラック運転手の有効求人倍率はトップクラスとなっています。

トラック運転手の仕事をする際のデメリットはこれ!

トラック運転手は、何といっても最後には体力がものを言う仕事です。運転に加えて荷物の積み下ろしなど、体を使うことは多いです。そのため加齢とともに、仕事自体がだんだんきつくなってくるという点が、デメリットと言えます。視力や聴力の衰えも直接仕事に影響するため、仕事の引き際が他の業種よりも早い可能性があります。また、仕事上労働時間が不規則で拘束時間が長くなることが多い点も、デメリットの一つです。仕事時間は当日の交通状況に大きく左右されます。運んだ荷物もすぐに降ろせればいいですが、相手先の都合で待たされたりすることも、デメリットと言えます。

京都のドライバーの求人は、タクシーや介護やトラックなど種類が豊富です。処遇や規則も企業によって違うので比較検討がポイントです。