トラックドライバーの求人選びでミスをしないために重要なこと


会社ごとの採用後の給料や業務内容を確認しよう

運送業界の人手不足の影響もあり、トラックドライバーの求人数は年々増加していますが、就職後に早期離職をしないために、慎重に求人選びをしてミスマッチを無くすことが肝心です。特に、給料や業務内容については働き始めてからトラブルになるケースが多くあるため、志望企業の求人票をチェックして分からないことがあれば、選考に応募をする前に担当者に質問をすることが大切です。

最近では、長距離や中距離のドライバーを大量募集するため、定期的に求職者を対象とした就職相談会を行ったり、現役のドライバーの話を聞ける座談会をセッティングしたりしている運送会社も少なくありません。そこで、条件にこだわってトラックドライバーの仕事を始めるうえで、求職中にいくつかの企業のイベントに顔を出してみると良いでしょう。

一か月の休日の日数や長期休暇の有無に注目しよう

トラックドライバーは、勤務時間が不規則になりやすく、勤務先のドライバーの配置によっては希望通りに休みが取れないといったケースも珍しくありません。そうした中、同じ会社でトラックドライバーとして長く勤務を続けたい人は、各社の一か月あたりの休日の日数や長期休暇の有無に注目をして、しっかりと身体を休めることができる就職先を選ぶことが重要です。トラックドライバーの人員に比較的余裕がある大手の運送会社の中には、ドライバーの離職を防ぐために従来よりも休日の日数を増やしたり、数カ月から半年に一回のリフレッシュ休暇を設けたりしているところもあります。

トラックドライバーの求人は処遇の確認が重要です。手取りが高くても、残業や手当が込みの場合があるので注意する必要があります。